2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 階級社会というこの星の神の | トップページ | 一番は特別人ではない。 »

2008年1月27日 (日)

本当はカラッキシ役立たずの文学で、

世間から生活の資を掠め取った小林秀雄(彼の文学は金輪際、百姓や漁師やらの幸福とは関係がない)も、生産活動は、神、おめえがやれよ、と言っている。

« 階級社会というこの星の神の | トップページ | 一番は特別人ではない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当はカラッキシ役立たずの文学で、:

« 階級社会というこの星の神の | トップページ | 一番は特別人ではない。 »