2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思いつき | トップページ | ズィンキリスト教(ラヴミドル教)。 »

2007年10月15日 (月)

賃金。

 一定労働の賃金が不公平なら、一定賃金の労働時間が不公平あってもいい。中国農民、日当五十円、(物価十分の一で補正して)日本でなら実質日当五百円、一月、二十五日働いて一万二千五百円、日本の労働者なら臨時工でも二日分の日当である。日本の労働者なら二日働けば、一月働き詰めの中国農民の月収がが取れ、殆ど働かないで生活が出来る。宇都宮正心館の副神(副仏、これからも?)大川隆法は、自分の収入にも絡めて、瞑想するならこのような貧富格差の意味をこそ瞑想してくださいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。

« 思いつき | トップページ | ズィンキリスト教(ラヴミドル教)。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃金。:

« 思いつき | トップページ | ズィンキリスト教(ラヴミドル教)。 »