2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 救世主を殺させるのが | トップページ | 貴方は同じ星の魂の仲間が一人でも、 »

2007年10月14日 (日)

古来からの第一次産業の

労働強度は、以後の産業発展によって第二次産業、第三次産業の拡大した際にも、それら産業に等価的に貫徹されて行くべきものと考えられていい。従って軽労働のサービス産業を拡大させ、また自国の残った一次産業も、二次産業も、機械の導入によって労働の軽減化を図らんとしている先進国一般の産業高度化は、その機械の生産のための重労働を遅れた国の労働者に押し付けるという形で、全体的国際的産業連関に望ましくない非対称を現象させて誰も十分に自覚の無い危機性を現出させてしまっているのだ。よって心ある政治家や経済人の皆様には、宜しくこの星の神(人間のの心身も、自然をも創出した筈の)の要求と思しき古来から産業の労働強度を国際経済の全産業連関に凡そ貫徹すべく、産業構成の大転換のためのを労を取って頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

« 救世主を殺させるのが | トップページ | 貴方は同じ星の魂の仲間が一人でも、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古来からの第一次産業の:

« 救世主を殺させるのが | トップページ | 貴方は同じ星の魂の仲間が一人でも、 »