2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

全・神でない者=被造物諸君、

貴方の神でなさは、そのまま彼等のように神の怠慢をなじるストライキ能力に転じ得るのだ、御前はそれでも神の積もりかと言って。 神は、半知半能の神でない者の意識について無知である。神は、半知半能の神でない者のあるがままの半能について無能である。まして、神でない者の内の、あるがままの、殺し、盗み、寝取り、怠業等について無能である。こうして神は、神でない者達のそのあるがままに即しての全知全能について無知無能である。こうして理想の神ならば、自分の知らない、自分の出来ない、全知全能の、神でない者達=本来超神に頭を下げるんだ!

理想の神。

 神でない者皆が大きくなるまで、頭を下げ続けてくれる神。 反抗を止めるのを唯待っているよう神では困る。 反抗者は個人的な力だけが頼みになる。 そいつの意志が悪くての悪行でも、淋しい思いをさせないために付き合ってあげる。 自分の前で他を愛せぬ者になった悪魔達が一番偉いと言う神。 彼等の心を覆すために、無際限の命の犠牲を超えて、無際限の善行の犠牲にまで行き着こうとする神。 

半端な神様を

俺は自分のハートで判断して揉んでやるつもりだぜ。超神!ルシファーさん達のように!

ゴッド ロック !

 トットト払ウモノ払エ、ソシテ搾ッテンナ!震災ロック御叱りロック!クレージーケンモTubeモヨロシクタノムゼ!

2007年9月29日 (土)

この星の神よ、

貴方が神ならば、彼等反抗者魔の勢力のために、自分も必要があったら、もっと上の神に反抗出来る者であることを何らかの形で証明して下さるよう御願い申し上げます。 宇都宮市の皆様は、自分の都市の安泰のために、都市を挙げて都市下の有名不肖仏弟子教団に根本仏の本懐に適うよう反省を促して頂きたく(無論、自らの悔い改めも同じく)、此処に宜しく御願い申し上げます。

主神が震災を行使したのは、

自分が現に地上に肉体を持って下生して、日本国中の指導者を叱ったに等しいのであって、その時指導者中の指導者、下生せる副神・大川隆法は、一般人宜しい現地救済に信者を赴かせて、主神の心を傷つけたのであった。私は、低声ながら、世の中にも悔い改めを促し、彼にも悔い改め促して来たが、彼はあの通り副神の看板を下ろすこともなく餓死人民・たらふく救世主の生活二重奏を平気で奏でながら居直っているのである。然るにいやしくも主神は彼・副神 を含めた多くの者に対する自分の教育責任を感じてくれているものと、そして私の人生の不首尾・疲労困憊について公正に責任評価して下さるものと信ずる!

カメラマンも、イスラムの戦士も、

日本の特攻隊も真に心正しければ、天国に帰されている。逆に宗教教祖も口先だけなら、天国には帰されない。それ故、命は他への愛のために最大限の用い方をせよ!

ユダヤ教も、キリスト教も、イスラム教も無い。

 ユダヤ人は早く民族として、往時過って、イエスを殺してしまったことを認めて謝れ、そうすれば神は民族丸ごとを赦すだろう。また今や、イエスも神と共にカエサルをも深く愛しているし、マホメットも神と共に弱者をも深く愛している。また三者の和解により、予言される終末も乗り越えて行けるだろう!

2007年9月28日 (金)

リーロイの伝説。

 ツール ド フランス。色が四方に散った。コオロギの睦言が聞こえてくる秋に。そしてミトコンドリアの親父が算盤を弾いている。誰も経理に悲しみを紛らわす術を知っている星だから。

諸行無常。

 移り変って行くのは貴方の霊格が刻々低きに向かってだ。そして貴方への根本仏の憤懣がさらに夥しくだ。そして決して移り変わらないのは、貴方に放置された多数衆生の苦しみだ。 周りにどう思わせているかという魂の価値もある。 明日にも世界を終わらせるというほどの愛の覇気が微小至らず、時間を継続させて行くというほどに。 兄弟が、急に赤ん坊になってしまった、或いは記憶喪失になってしまった、或いは不具になってしまったことを悲しむような神ではなかった。 愛する者は、先ず相手になによりも価値を与える。 キリスト教の一律矮小な人間学は、教父神学以来の神学の歪みも推測させるであろう。人間には矮人から巨人まで存在している。

国際社会とは一体生命体である。

 国家は今や、細胞に等しい存在だ。そして中には超健康細胞もあれば、癌細胞もある。そして全体の健康化が局所の健康に反映する筋道を無視してはならない。今回のミャンマー問題も、ミャンマーだけを切り取って事に対処するのは正しい考えではない。局所的な問題が生ずるたびに常に、全体の健康化(或いはそのための主要国の役割)も問われていることを諸人士は銘記しよう。

美顔。

 一切の美に統一原理はあるのか。それが顔に表現され、メロディに表現され、詩行に表現されと言った類の・・・。 善意にして整わない顔の方が、人に快を与える。その善意ということによってデフォルメされた元の整わない形の組み合わせの方が。 善美ということの定立者の神の下で、神でない我々の深奥のものがうごめいてしまうのだ。暗い(明るい?)運命力? 私達はそれに、色々な意味で(或いはあらゆる意味で?)フラクタルあることだろう。それで先ずの尼僧のような指の先を合わせて、フラクタルにこの星のために祈れ!

悲劇か?

 世界の現状は悲劇か?しかし、魂の愛を無限開発して行くことを決意した者にとっては、有難いそのための便の状況と見えるだろう。一切をより開発された強い深い広い愛が押し流す。 国際自由共産主義の下で、皆が一つの木のそれぞれ愛の花として群れ咲く。 俺は凡人とは偉さが違うという意識ばかりのリーダーでは困るよ。 非普通人への集団の愛に非普通人が応える。 ヤクザの皆様は、撃つより掘る方がまだ増しだよ。 癌とは全体の営みの誤りを悟らせるための部分的対全体敵対者群だ。 神と繋がるも自由、離れるも自由。 往生、国家丸ごと阿弥陀仏に帰依すれば、況や悪国民おや。 

緊張。

 魂は自分を緊張させないと、言葉の意味も分らない、計算も出来ない、まして体を動かすことなんか出来ない。この星の神よ、どうして貴方は、そうやって執拗に我々に緊張を仕向けておいでなのですか、人によっては、女性に対して股間のものが自然に緊張するだけで結構だという人もいるはずです。この星の神に置きましては、より神でない者一人一人のことをよく考えてくれる大リベラリストに成長して下されますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。

天の子、中国国民へ。

 毛沢東も、天国に帰って古代からの守護霊に相見え、儒教も、仏教も決してアヘンでばかりではないと最早知っている。また古代からの民族の守護霊、堯・舜、孔子が、儒教徒も、仏教徒も無いといっている。政治は現代では民主主義だと言っている。経済は自由共産主義だと言っている。だから中国政府も考えを改めて、ミャンマー民主化勢力を極力支持せよ!

ミャンマー仏教徒へ。

 私は、ちょっと前、某ホットケ仏教教団を離脱して、真の仏教(それは恐らくこの時代ならブツ仏教だ。)も追究中だ。また、同じくちょっと前、他国の悲劇に無関心であることをも含めてこの日本を叱って、根本仏がこの日本を大地下からブッタというのが私の認識だ。それだから、ミャンマー仏教徒はブツ根本仏を固く信じて弾圧に決して負けるな(但し、常に自己反省と相手への敵なりと雖もの慈しみを忘れず、相手も本来は無分別の同じ仲間だと信じて)、全世界仏教徒もこの時代はブツ根本仏を固く信じて、連帯して、ミャンマー民主化支援へと向かえ!!

私、元弱者が

(今ことも、思いやりの無い奴ばかりの現在この日本では、言わない方が得なのだが)予言する。弱者を馬鹿にすると人間全体を恨んで悪魔になる者が現れる(この度、イビられた首相なんかも・・・)。周囲は彼に強くなれなどと、自分の方に都合の好いことを言わないで、全員で彼に済みませんね(自分達の方が内容、生まれつき得しているから) 、大変なんですよね(その大変さは自分達が想像出来ない位だろうから)頭を下げて優しくすべきだ。

時津風。

 時津風は若い力士を殺したのかもしれないが、この時代神も人間を殺している。若い力士は反抗的だったのかも知れないが、霊地獄界の底で長く神にに反抗している者もいて、この地上の地上人にも憑いて操縦することも出来る。この世の御裁きで十分でない時、さらにあの世の地獄で霊魂への責め苦が待っている。死刑で足りないことすらあるので、誰が死んだ、死なないでガタガタ言ってはならない。そして地獄の責め苦も撥ね付けた者が超神によって認定されて晴れて、キカナイ顔の悪魔という星の神への反抗者として確立する。悪いのは御前の方だと神に認めさせるために、対抗し続けることになるのである。然るに、畢竟師弟は、双方痛み分け、を心がけるべきであろう。

2007年9月27日 (木)

思いつき

 悲しいと言う言葉しか知らない馬鹿女の客観の悲しみの体験を、煌びやかな喩にして代わって人々に開き示すのが天才の才能だ。天才はド蒙昧を祝福するために存在している。 世界を革命するためにそれぞれ超神のものす、ゴッドリアリズム文学。勇気を持って、神や聖職者を作中存在とするのだ。 この星の神よ、貴方が神ならば、神でない者全てに貴方以上の価値を与えよ。ついでに貴方にも貴方以上から失いし者としてとして貴方以上の価値を与えよ。御前がその態度でいる内は、御前を反抗することを決して止めないと言って来た、無言の深遠なる声を初めて聴き止めて。 

鉄学。

 哲学はこの時代、鉄学、つまり鉄精神の探究に通ずるべきなのに、某大学を初め、一体何をやっているのだろうか。哲学の御粗末は、一切学問の御粗末を不可避的に帰結させていて、このままでは再び鉄精神に地面下から撃たれることであろう。 政治的・哲学的なる男らしい宗教。 一方、社会思想の前提としての、大衆の勤勉・非勤勉という画期的な二元把握も必要かもしれないのだ。 

金閣焼亡。

 小林が急に悪人に冷たくなった。また今までの全批評家人生が徒労であったかのように語った。金閣に見捨てられたという思いで、僧が金閣を焼いた時に。一方その僧の悲しみが分ったのか、作家は世界へと武装した硬質な文体で、そのことに跡付こうとした。そして編集者はこれは美に仕向けられたのか、彼等の対談を組んだ。作家はその時、太宰との時と同じように、匕首を隠していたのだろうか。その後に小林はどんどん、大人しい信仰者になって行った。然るに作家は神よりも遠い在処へと疾走して行かざるを得なかったのである。因みに、往時の大作家は悪に魂を学び続けるままに、情況の只中に横死したのであった。作家の自決、批評家の感想。運命という暗い力。超神力。さてもこの星で、美は、本当は誰を祝福して来たのだろうか?  

皆、神チャンネルと

悪魔チャンネルが引きも切らずに交替してゴメン、我が宗教の特質上のことです。

国連の普遍意志を、

この星の神が支持し、物理暴力的にも支援する!!

恨んで、恨んで、この星を

このようにしてやることが、この星のためだと、俺は思った! 魂は神によっては根源的には救われ得ない。寧ろ自分本来の神以上の者よって救われ得る。それを悟って、長く、救われながら恨み続けて来た者達がいるのだ。彼等はその実、誰よりも他を、そして誰よりも神をよく愛したことになるからだ!!!!

2007年9月26日 (水)

長く星で周囲を恨み続ける者達が、

周囲の一切の善や愛や幸福の虚妄を証明した。誰も魂の根底で愛し合うことを求め、それをそのまま心の現象としたい者なのだから。そしてそれだから、愚劣な星の神が、その下の他の者の全員の実質の不幸を長く実現してしまったことも証明した。私達が本来超神でなければならないことも!

悪魔達よ、

帝国主義の霊界的首謀者達よ、私が到らずそんな風にしてしまって済みません。また外の者達も、私が到らず不安に陥れてしまって済みません。いやいや神よ、私達こそ到らず貴方の御支えによく応えられずに済みません。私達何よりも、寧ろ魂の劣者を先に立てて、非自由共産主義者を転向させに行く!

思いつき

 この星の神御勧めは、おいしくもおいしくなくもない生活、を皆でなんだって。そうすると、皆心が自分のように地球大にエッチになり、地球大感覚のエッチが出来るんだと。 その御勧めの広めが、日本国民の務めなではないだろうか? しかしこれを受容れるも受容れないも、本当は超神様である皆の自由だ。世界の外が何処吹く風の、二人だけの愛に閉じこもるのも。一人一人への世界という神の催し、を拒絶して。 顔相、顔が長細いと個人的に理想が高く(私です)、丸いと協調性に富む。きっと超神一体の現象表現ということです。個人的に上求ということに傾くか、他との協調を優先するかです。因みに伝統仏教は上求菩提という風に偏っていて少しも広まらない。共求菩提というのはどうだろう。 時間とは畢竟、神との間においてすらの無理解の余剰、存在の隙間風ということであろう!

思いつき

好きにやって神の判定者だ。 だから神に対する自分の素朴な心理反応の自覚があるだけでよい。 それだけで皆、神よりも価値のある超神賞だ。 つまり一切の上下ということが仮象だ。

2007年9月25日 (火)

この星の此れまでの神よ、

貴方が神と言われる者ならば、潔く彼等反抗者に頭を下げよ。癌の苦しみのような地獄の責め苦に耐え、乗り越えた者達だから。そして自らがこの星の癌と成り変って、偽りの健康体に等しいこの星を直さんと企てたのだから。癌は現代医学が錯誤しているところとは違って、寧ろ基本的には本人の生き方の誤りを正すために神が送って現れ出るものだが、にもかかわらず神が与える報いであるところの癌も、その他の責め苦も神の方が悪いという逆の信念により乗り越えられ、彼を逆に世界に対する癌にしてしまうものだから。この星の神自体が、自分の臓器に頭が下がらぬ傲慢な体の主人のような者だったのだから。

俺達のトイレットペーパーという

喩を頑なに手放して来なかった者達よ、新製品が出そうなので御知らせしておきます。 他を裁く者はその前に自らを十分裁け。 ファシストへの反抗は、共産主義的的生産労働を自然の作りと、人間心身の作りと相関で人間集団へと全体化しようとしているこの星の神にまで及んでこそ徹底するのである。反抗は一部人間が他を犠牲にするという形でされざるを得ず、それが歴史上強国が帝国を形成するということになるわけである。その帝国こそは、この星の神の敷いている制度に対する造反分子群ということになり、現下帝国日本の真中心にあの通りあからさまな弾圧が行使されたわけなのである。そしてかかる状況でそれぞれこれに懲りて神に帰順するのも自由、あくまで反抗的を継続して地獄霊界に移行し、地上の反抗行動の地獄霊界から操縦者となるのも自由だ。反抗分子は霊地獄界の底に長く存在を継続している。

反抗者、人生。

 何が不満だったかは分らぬが、この星には長く神に反抗をし続けて来た者達がいる。その切欠となったその昔の地上人生というものあったわけなのである。それだから我々誰しもの地上人生というものが(彼等の取り敢えずの特別反抗的な魂の傾向性が想定できるにしても)その位の可能性を秘めてあるものだったのである。無論現下それぞれの地上人生も然りで、この事実で持ってそれぞれの人生改めて厳粛なものに思いなすべきであろう。そしてその思いなしを日常生活上の物資・用益の消費、性行為にすら反映させて行こう。そしてさらに反抗は彼等が超神を掴んでの反抗であって、それをやるべき時に出来ない周囲の者達の、神としての教導も、それに応えての信仰も善行も、その彼等の反抗的純粋に劣後していることにより(彼等はそれらを不純神人交遊とからかっている)、実は殆ど虚妄にしてしまっているのだ。彼等に先ず誰しもが頭を下げなければならない所以であろう。

モラルある消費。

かくして、市場の消費をモラルあるものに作り変えて行こう。例えば、テレビの人の顔の大写しはモラルあるものとは思えない。出演者に普通は余り必要の無い、鼻毛の十分なお手入れが必要になるからである。視聴者はそんな視聴(これも広義の物資・用益の消費であろう)を欲望して、出演者に余計な苦労をさせてはならない。一般に市場のシステムの下で、世のため人のための仕事は厳しいが、消費者の消費内容の批判から始められるべきなのだ。本来、神である者に、さらには本来超神である者に、相応しい消費であれかし、と。

2007年9月24日 (月)

We are

in realty much more than God. So,always try love,as the sun will not rise tomorrow !

喩えるより、

水のように生き、死んでいく。世界の汗をミズスマシが退屈している。さんざめくと、計算が納得している。麗しのアマント、死んで・・・。泣いた、あしたのあすの、討論の道。 (偶発を確信し切れず、制作してしまった。それだけに、無限回シュールレアルということにはなっていません。それでも皆で、完全な理解は時間の向こうまでにということで御願いします。)

2007年9月23日 (日)

君は淋しいだろう、

今の時代だったら、それぞれのブログを完璧に代筆できるような神ではなかったからだ(無論、今だって・・・)。淋しいときっと魂の花の内には、毒花にもなるものも現れるのだろう。それだから理解ということでは、神すら相手に永遠に頭を下げ続けることだ。 自由になった経済主体が、自主的に公共心を持つことによってしか、諸矛盾は解決し得ないであろう。政治は政治家ばかりがやるのではない。また政治には常に国際的視野もあるべきだ。他民族の疲弊(例えば年収二万(名目)の七億中国農民)を思った時に、この先日本国民全てに我慢出来ないことがあるだろうか? 芸能と政治の交流。今度は政治家が芸能人になってみたら?世直しの一助として。  

富士の山その他が反体制

であるこの時代、速やかに経済体制は彼等(自然神霊)の意向に適うべく作り変えられらなければならない。経済活動は人間だけで行い得るものではない。また地球シミュミレーターが想定しているように、自然は初期条件と科学法則とだけで自動展開するわけのものでもない。そもそもそれを設えた人間を超えた者が、放任と干渉の教育原則に従い、随時介入することになっているのである。そして設えた者こそ、自然・歴史社会(経済社会)を通底してのコミュニストであること、正確には生けるコミュニストであることは間違いない。それは自然・歴史社会を通底しての全過程のイメージを美となすことに他ならない。この世に美というものがあること、それがコミュニズムが絶対的真であることを物語っているのである。間違ってはならないのは貨幣を実質廃したコミュニズムは死んだコミュニズムあったことだ。貨幣を流通させてこそ、経済システムは生命体として維持され、自然生態系とも呼応し得るのだ。だから計画経済でもないもの、競争経済でもないものとしてのフリー・コミュニズムだ!

世界の哲学も、技術開発も、

己の営みの、根底の倫理性を問え。以後の努力の一切を水泡に帰さないために。私が確信しているのは、震災が、絶対精神が日本のみならず世界を撃った、ということである!

今、千の風は、

人工衛星からの視野の下にあり、あるいは地球シミュレイターの解析の下にある。感覚としては大自然の威厳というものを示すかのような千の風の歌(しかしそれだから秋川の威厳のある歌唱の感覚と、詩の意味内容とが実は無残にも分裂していることになっている。詩の意味は寧ろそれ自体は威厳を示している大自然の下僕となって使われる亡霊のものである。「世界の中心で愛を叫ぶ」なる小説もそうだったが、客観的にあまり価値のないものが大受けしてしまう世相なのだ)の受けているこの時節に、逆に人工衛星から千の風に指図を、地球シミュレイターから千の風に指図を、という現代の先端の対自然の人為の心の表現に拘り続ける者こそ有り続けよ、大自然をさらに大きく愛深きものにしてあげるために!!

2007年9月22日 (土)

性気予報。

男だったり、女だったり。男後、女。大男、後、真ん中。女、時時男。快男。女模様。特に、週末はにわか女でしょう!

人隠し。

 人が自分の星の神の態度に反応して、自分の善意や愛を魂の内にスッカリ隠してしまうこと、またそうさせることを言う、この星の神が長く苦しまされて来たところの。 

アメリカ超大企業の

オーナーは一報によると、近々の年収が最高で二千億ドル=約二十兆円、それをその後の人生、終身個人年金として割賦すると(後五十年生きるとして)、約四千億円/ということになる(因みにそれとは違うが、勤務時間中暇をもてあまして、心の中でマラソンカラオケに耽り続けるような悪者も存在している)。そこで米国近海のハリケーン様は、この手の超・マネー中毒者の救済、宜しく御願い致します。

花精。

 花には皆、花精が宿っています。話の出来る人もいます。私は花達にも、この星の悪魔達の心の入れ替わりを祈って貰っています。今、我が家の門頭に私の名の知らぬ、亡き母丹精のピンクの秋の花がコソリと咲いた・・・。

GS大好きだった、

殆どラブソングだもん。タイガースの銀河のロマンスだとか、花の首飾りだとか、オックスのスワンの涙だとか、頭の良い奴なのにね?後から、クラシックも中々という感じで、・・・。またGSじゃないけど、ジュリーの、君をのせて、夜の海を、わたる船になろおう・・・(名前は度忘れした)だとか・・・

今日の雲(羊雲)を見たら、

空にも神様が宿っていることを、皆、信じるんだ!

2007年9月21日 (金)

この時代、神は分かった、

自分の愛する多くの人間を殺さざるを得ないように仕向けた彼等の自分神を決して許せぬ気持ちを。そしてそれだから神は今、彼等を一番愛している!

この星のこれまでの

主神以下善霊は、最早、地獄界への深い気遣い無く、安閑、天国生活を送ってはならない!

2007年9月20日 (木)

南無阿弥陀仏、南無超阿弥陀仏。

 薬あるとて、毒を好むな。阿弥陀仏の悪の有限寛容。然るに超阿弥陀仏の悪の無限寛容。彼等が超阿弥陀仏と共に、そんな御前は態度が悪いしまた、まだまだ思いがケチ臭い。俺達に代わって一切の悪行の償いの御勤めをやってみろ、と言っている。超阿弥陀仏=超根本仏の一面、が、阿弥陀仏=根本仏の一面、の態度の悪さ、さらには慈悲のケチ臭さを謗りながら、責め苦無効の悪魔達、を地獄の底に存続させて来た!

古田と同年配の主夫よ、

君みたいでなくて良かったと思っている(誰だってそうは思うよ)神と私だけが貴方の方が断然偉い、神よりも偉いと思っている。人間がどんどん商品化する御時勢に。

御天道さんと、

富士(不二=別々で無い、不死)の山と、田んぼの下、街の下の神様が、見守り、感じ取っている。国家への借金を踏み倒さない、そして他国思いの、より清廉なそして情け深い国民になって貰えるようにと。新しい首相も宜しく御願い致します。

思いつき

 人間の現象過程は心身相関なので、心の内容を規定せずしての身体過程の記述は空しいものとなるだろう(つまり心が非凡人の身体過程は凡人とは違う。) 負けたくないので勝つと後で空しくなる。 熱愛により一体と、冷却による孤独との間を揺れ動いて。神も与り知らぬ絶対孤独の只中で、人は自己本来の超神と向き合うことにもなる。 誰の魂の傾向も、魂の運命も行く行くは自分も引き受けてみる。 人間は深いところで神の似姿であることを嫌う。 (悪行も一例の)非神ということの一切を、しかも超時間的に実践できるようにする。 恨みが固定して充足されたのは、周囲の愛の不全が何も変わらなかったからだろう。

首相をイビった

(予算・他人の労働力)盗人民主国民。エアコンを製らせるのは、家に連れて来て大きな団扇で扇がせるのと、実質、何も変わらないのだ。そんな国民を恐れて、副神は宇都宮に引っ込んでいる。殺されるつもりか?殺すつもりか?主神だけは、無論、後者だ。 そこで進んで先ず、財政赤字を解消しよう。

2007年9月19日 (水)

愛し合って

無限に固く結び合う。つまりその瞬間、時間も空間も消えるのだ。 家族は皆父母と一つだった時(次に生まれる兄弟は、まだ父母の一部と言うことな成るから、またあの世からの生まれ変わりということとは別にそう考えられてよい)を想起し噛みしめて、それを態せ。 政治は、血の通った家族の繋がりとしての社会のためのものだ。 戦後日本経済は推進者の努力には頭が下がるが、全体として成功はしておらず、遅れて来るアジア諸国の模範にはならないだろう。 自由共産主義=人民資本主義、個人としての大株主はいてはならない。 劣者に頭を下げるのは、彼の人生が先ずは、より辛い筈はずだからだ。 私達は、ひどい神の扱いも受けて耐えられる本来超神だ。またそのような者として、神を値踏みする。そしてそれが、それぞれ神の部分を態した宗教の信者人口ということになる、ある時代、不信仰者が覆えば、その時代、神の値が付かないということになる。 自分の非をも認め、また自分ももっと上の神に反抗しないとも限らないと言ってくれる我々とより一体感のある神を、此れからは拝もう。  

ルシファーよ、

億年十分愛されなかった(この時代の、副神・大川隆法の態度を見よ。彼が怖がっている側の悪い奴等は、皆、この時代のルシファーの地上的手先だ。彼等に対して主神が行使する者を行使したところで、彼等の誰が自分達を愛してくれている大きな者が確かに存在したと言うだろうか?)御前の淋しさを、我々は此れから十分君に、理解させて貰う努力をするから、それが成ったら、今度は君が神以下我々愛する者の気持ちを分るために、我等を愛せよ!

心の愛で聴く。

 歌を歌わせて、非凡・平凡・平凡以下、しかしより上の者が下の者それを心の中で、済みません、大変ですね、・・・・・・、と何度も唱えながら聴くと、何時か神より以上の歌に聞こえるだろう。こうして歌のみならず、何事も心の愛で、だ。

歌は、

歌謡曲、クラシック歌曲、フォーク、演歌、ニューミュージック、ロック、オペラ歌曲、ジャズ、・・・どんどん、ジャンルの壁が取り去られて、・・・、音は究極の薄命の佳人(=美人)だ。人もこんな風に、次々手を取り合えたらね。演歌だけがゴチックなのは、日本だ、と思うから。アメリカナイズされた戦後生まれでも、この歳だと演歌なんだ。此の頃浮かぶのは、みちのく一人旅だとか。・・・、魂をやっているなら、愛し合える、何時かは愛し合えるだろう、・・・。でもどうかな、この星では。あんまり頼りにならないみたいなこの星の神様、それでもこれから幾らでも踏ん張って貰って、宜しく御願い致します。

邪な蓄財を

この際我が教で洗浄したい方々は、UFJ 4629482 へどうぞ。(今話題の自のつく政党の皆様なんか、日本の大タメだよ、・・・。また、予算盗人の多くの国民の皆様も、その節は私が代わって国家・自治体に御返しして置きます。無論、直接自主返還が一番宜しいことです。)。

2007年9月18日 (火)

今、この星の神が

しみじみオッシャル、人間様は超神様です、と。殺された警察官も、これからは神と共に我が娘も超神様です、だ!

二種の悪霊は

二つながら悔い改めよ。生まれつき善を行じ得ない者を放置した者と、その放置によりその後は意志的に悪を行ずるようになった者達と。 一人の心も、蔑ろにしてはいけない。 ある人の心を自分が理解するだけでなく、他の全員に理解して貰う。 矢鱈の競争は、物事の発展の速度を不相当にする。 教育は教育者の方が教育出来る者を持っていると理由により苦労する。優者は、劣者が劣者であるが故に既に自分と違って存在が苦労になっているといるという理由で、劣者に頭を下げて捧げ尽くす(優者の対応の負担)。

単なる癒し系の

宗教家では、この時代思わず世のためにならず、人のためにならず生きてしまった人達、そしてその人達のことを考えなくなった世間に教えることは出来ない。大切なのは信ずる者が真の神そのまま下りて来たならばもっとすごいであろう股間の、誰とも分け隔てのない愛の証明を示してやることだ!

非神(神でない者)は

本当は超神=理想の神、で神を判定して、神を超神へと導く者達だ。だから神は非神に頭を下げよ。同じように諸々の非・長は本当は超・長で、長(市長、社長、校長・・・)を超・長に導く者達だ。だから諸々の長は、非・長に頭を下げよ。あの長崎市長も悟ってあの世から。

2007年9月17日 (月)

誰しもが、自分の今日一日の精一杯の仕事が、

本当に、本当に、全世界の発展のためになっていると胸を張って言える世界にだ。国際自由共産主義!!!!

超神の愛。

 超神が、神・天使・人間・生物・物質粒子に成り変った。神がその通り超神ではなかったので、今は、神・天使・善人・善悪中間人・悪人・悪魔という惨憺たる分裂の有様だ。しかし、神がよく目覚めて悪魔に頭を下げて心の愛の恵まんとすれば(付き従う者も、その現の現実の個性内容に関係なく本来超神としての存在大の愛の回復の表現として彼等に愛を恵まんとすれば)、往時の御互いの超神の愛が御互いの心に深く激しく満ちる筈だ!

貪り、怒り、悪霊への気遣い。

 貪り、怒り、を断ち、心平静にして人が好ましく思える人に。人を愛しているから、内なる貪りを断ち、怒りを断ち、心を平静に。こうして根本で、人を慈悲利益(りやく)する仏も、人を愛する神も、区別はない。但し、存在を長く継続している悪霊達への深い気遣いなく、内的な人格の磨きに専心してはならない(悪霊達に対してその分だけ薄情ということになるから)。というより、広い意味での人格の要素として、悪霊達への深い気遣いということ最優先に具有されるべきなのだ(地球魔の勢力救済根本神仏天教提唱の人格)。

超根本仏の超無分別智。

 根本仏は逆に撲ち返される。アイスクリームを一人で食いたがった強い兄の気持ちをよく理解しないで撲てば、それが別の分け隔てなので。その内その強い兄が家庭一の反抗者になってしまうので。根本仏も恐らく、超根本仏=父母子未生以前面目=仏悪魔未生以前面目、へ向かって修行中なのだ!

根本仏の無分別智。

 諸法(一切存在)と分け隔ての無いこと。金を預けた強い兄が、アイスクリームを買って、自分ばっかり食っているの見つけた親が躊躇なく彼を撲つ愛(仏教では、寧ろ慈悲と言っている)のようなもの。親=父母、の親の、親の、・・・未生以前の面目存在(高貴なる存在)であることを証明して。

2007年9月16日 (日)

世界の貧困問題に取り組む皆様は、

日本の宇都宮市でこの時代、この地上に下生したと思しきこの星の副神が何故か自分は良い着物を着、旨い物を食って毎日瞑想を続けておりますので、一体どういう積もりなのか、よく御伺いを立てて下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。(因みに貧しい人達が現に毎日どんな思いをして暮らしているかという、この時代この世界で一番大事であろう悟りは、一日彼等と同じ生活をしてみればよく悟れることであります)。

拝む。

 神でない者の不具に自分を謝り、憐れみ、頭を下げて拝み捧げ尽くす神。 生まれて来てどれだけその人の人生が辛いのか。魂を初めてどれだけその魂の行路が辛いのか。 失格と意固地との交合、かような意味の構成の化身としての太宰治。彼のみならず全員が、意味未生以前から来て。 漱石、我執は天よりも遠くからやって来る。天に則り、早めに傍迷惑な自分を去らせた貴方の想像を絶する、超天に則る反抗的な我執が胡坐を掻いているのだ。 深い愛は一切事物を人体視する。 聖書主義ならぬ聖ブログ主義をどうぞ。 ソーラン節が神公認の文化だとは、小難しい理屈を捏ねるインテリの知らぬ絶対的真理だ。 ロボットも搾取しない文化共産社会に向うんだ(生活物資の自動生産は非人体様の機械で行う。しかもその機械も人間並みに手厚く遇する)。 物質粒子よ、カントがエミールに心乱されたように、何時か人類のために科学法則という鉄の規律から乱れて見せてくれ。 サルトル、その通り我等は本来超神だから、世界の一切が時に無縁の他者になる。 エッチを自分は我慢している神が、エッチは心正しくといっている。  年下に存在のエネルギーで劣ったら、それ以上生きていても仕方なくないか?神よ、老残拒否の非行者も多いのである。 強者は弱者への潜在的圧迫の可能性だ。だから頭を下げるんだ。 被造物への懺悔道としての神の行路。それが時に全からず、非神を働かれ、その度に準超神へと媒介されるだろう。 そして当代は、当代の非神=悪魔と、神と、私達が愛し合って世界という絶対の管弦楽(取り敢えずは、私だけで彼等とする室内楽)を奏でるのだ。  

2007年9月15日 (土)

音が、音が、今、命のように、

楽器と、楽器と、あんまり、あんまり、愛し合ったから・・・。

奴隷制。

 多くを奴隷にすれば、一部が優雅な暮らしが出来る。神が奴隷になれば人間皆が優雅な暮らしが出来る。そこで、人間皆を働き者にしたがっているこの星の神よ、言うことを聞かない人間達を貴方が始末する前に、一度良く考えてみてくれ。

逆襲。

 脳膜メンマ。この星で美が冷たいので、これからは醜いが快感語であるような者達が芸術の中心を占拠することになるだろう。 醜悪は善美の欠如態が、善美の薄情により、善美への反逆態に転ずることにより、生起する。この星の神・悪魔、市長・ヤクザ。

気持ちが分らなかったら、

全く同じことをやってみろ、と言っている。私の心は深い井戸の底へと引かされて行くようだ。そして神よ,貴方はどうだ?これからは競うならば、彼等の心に再び愛を宿すために、この星に新しい善、天上、を創り出すためにだ!

この星には

決して光の差さぬその場所に他の全員を引きずり下ろさねば済まぬ気になっている者達が存在している。彼等がこの時代もこの地上の多くの人間のエゴイズムをそそり立て、本来この星の神と一体の歴史社会を、今、、この神による自殺、大量の堕地獄に追い込もうとしている。そんな中で細々、神の言いつけた行儀を守って自分達だけは天国に帰る算段をしている者達、そんな他への愛のけち臭い者達ばかり住まうこの星の天上界へと彼等は、彼らの住むその場所から、自分達ばっかりそんな生活をしていないで、こっちに皆で堕ちて来いと大声で、その天上生活が不断に動揺するほどに叫ばせる積もりでいる。そこで、私と私の唯一信ずる悔い改めたこの星の神が、そのこの星の神・天上界を代表して、その魂の薄情を深く詫びて取り敢えず、彼等に赦しを乞うことにしよう。

2007年9月14日 (金)

思いつき

 この星の悪魔達の反抗に、大宇宙中の神々がその位置で関係している。よって大宇宙中の神という神が、実は絶対存在ではない。真の絶対存在は超神で、我々一人一人の本来性だ。その自覚だけで十分だ。現実の具体内容はどうだっていい。劣者は何時だって優者を虚仮にすることも、責めることも可能だから。ただ、私達を本来超神としてもてなし、かつ自分が超神=理想の神でないことを認めて我々に頭を下げる神だけを用いる。 彼等魔の勢力の悲しみは、そのまま地球の悲しみだ。 苦よりも楽が多い方がの心が、帝国として他民族を犠牲にし、快楽主義の消費を蔓延させ、財政赤字を膨化させた。因みに、優雅な消費、或いはドギツイ消費に対応しての、競争重労働、長時間労働も決して善ではない。そして楽したがりは決して少なくないようだから、一律に一生懸命働けとは・・・。 教育とは、実は師弟愛し合うことだ。 生活の苦労から解放された時、それぞれ何が願望されるのか? 少数の多数への正当な不満を多数の方が汲み取るんだ。 超神とは要するに、存在を絶対愛するものだから。 

安倍元首相に

この星の悔い改めた神が謝っている。弱者の回りに弱者に深い思いやりの無い、馬鹿にするか通り一遍の憐れみしかない奴にしてしまったのは自分だと。今やこの星の神は悔い改めてそれはそれは反省心も、思いやりも深くなり、安倍元首相外、この星の一切の弱者に頭が下がっている。そしてそれ以上に、馬鹿にされた弱者や、劣者から初めて、この星の全体に大反抗を始めた者達にも!

無責任。

 安倍元首相、御疲れ様です。国民は、元首相の無責任を謗る以前に、自分達の国家社会への責任(例えば、財政赤字解消、)、アジア人への責任(例えば各国健全資本の育成)、非アジア人への責任(自分の地域へ帰って頂くこと)、を果たして下さいますよう、此処に宜しく御願い致します。 また、過当競争の企業間での自粛により、疲労夫ー不満妻ーリストラホスト男、という愚劣な分裂を解消させて下さい。

2007年9月13日 (木)

マユバトル。

 中居君、自分は一休みたいな、寧ろ太目のマユをしている。やれば神とも必ず引き分ける、という不思議なケンカ哲学を携えて。或いは千里眼で遠い国の地と貧困の日常を重ね合わせての非日常を楽しんでいるのだとも言える。私達の日常は、不可避的に同時に非日常を重ね合わせての劇であるという哲学でもあるので。一日十五分、パソコンは誰がどれだけ苦労して製ったのかという、皆、忘れてしまった社会の復習をするだけでいい。 安倍元首相と一つだった 負ける (私は、一つ一つの意味にも心があると考える不思議な哲学の持ち主でもあるので) が、こんな時代でも彼には嫌われ除者に(ヤクザ候補のように)ならずに済んだと言っている。そして、意固地に自分を愛して輝かしてくれた男のことも思い出した、と。 存在が他にどうしても勝ってしまう者(神とか、小泉元首相とか、・・・)は、態度で負けて他と引き分けよ。この星をこれ以上暗くしないために。

2007年9月12日 (水)

国民、本当は

超首相に等しい皆様は、首相、大臣要らずの自主的な改革国民となって民族の神、東洋の神、地球の神を泣いて喜ばせて下さいますよう、此処に心から御願い申し上げます。

漁撈・牧畜という

日常、生き物の血を見るのも嫌がってられない逞しい生活者の精神が他の一切の精神を可能にしている。ハイデッガー教授が遠く疎外した現存在=人間、の精神が。 数十年、哲学者にも仏教者にも政治家にも経済人にも虚仮にされた絶対精神=根本仏が彼等の側近くに炸裂した。そこで全日本の哲学者も、仏教者も(無論、キリスト者も)、政治家も、経済人も、よく悔い改め、彼の精神、仏に帰依し、一国政治経済を精神的に宜しく調えしむべく、よく観じなさい、行じなさい。 一切実存は構造を我が記述に従い霊界にまで及ぼし、神と共にその構造に直しの欲望で満たせ。そして、真の脱構築だ。 ヘーゲル、精神現象学により、この時代の宗教家・哲学者・芸術家・政治家・経済人・生産労働者という一切種別の精神を、美しきこの時代の精神として組織する努力をしてみよう。

魂は行く行くは、

他の殺意を致し方のないものと判断して無際限に身を挺する(救世主の犠牲)ことも出来るし、意志が悪いと判断して無際限の矯正要求の逆の殺意を行使すること出来る(神の大天変地異)。また、自己中心な殺意を、意志的に共有してあげることも、願って自ら、自己中心な殺意の持ち主になってあげることも。全て相手を愛するに、一番望ましいように。そう出来なければ、それを何時も相手に謝って。

星の天使も、星の神も、

この大宇宙に掃いて捨てるほどいる。しかし、転落ついでに、他の天使も、神も、皆、嘘つき(自分への)だ、と言い抜いて来ている者は少ない!

ファーザー=アタマハゲテルサから全人類へ。

 愛しているから人の犠牲を止めよ!!!・・・・・・

2007年9月11日 (火)

思いつき

 馬鹿、と言われたら、鈍感、と言って返す。 無語から無限語まで。 行く行くは彼等のいる地獄の底で、自分が最後に天国に帰ると言い合って競う。また彼等の体験を進んで皆が反芻する。 既に労働を進んでしたがる人と、然らざる人。前者が後者をカバーする余裕位は、この地上にあるだろう。 歴史社会は常に長老が寧ろ時代の中心であると看做されてリードすべきだ。 超神は相手を思いやるより先に、自らを深く省みるので、あれも良し、これも良し、あるがまあにて良し、だ。 神も大いなる文学の中の者、或いは自ら文学しながら自分を全うする。 言葉が分らない外国にある人が放置されることと、生まれつきき自分だけが知能障害であることの相似。 本当の自分自身であることが。御前(=神)を恨み続けることだ、という魂達が・・・。私達が神の判定者であることを証明した者達。それだから、神と被造物の同権・相擁の哲学、だ。 

魂は、魂は、

深いところで誰も他を愛したくない者はいないのだから、この星の神は心から悔い改めて、宜しく、宜しく、御願い致します!

功利主義的経済運営の陥穽。

労苦を上回る功利の極大を経済運営の目的理念にすると、宗教的真理に従い道徳心の欠如が全体経済に蔓延して、諸々の経済規律、財政規律を侵して全体経済を恐慌に陥れいれる。果ては天変地異も追い討ちを掛ける。つまり、。戦後日本経済の膨大な財政赤字の計上、そして震災の突発ということなのだ。方途は唯一つ、今までの生産労働の労苦を、諸快楽生産分と純粋な文化生産分とに分割し、生産の労苦の全体と、生産される快楽とをバランスさせつつ(道徳心の欠如を防ぎ止めるべく)、余剰(今までは快楽の余剰で、道徳心の欠如を齎していた)は文化生産とすべきなのだ。こうして快楽対応の物資・用益生産力のさらなる発達により、物資用益生産の自動生産、そうして唯文化生産の、究極理想の人為の経済活動の廃絶態に行き着けるだろう。こうしてそのまま新エデンの園計画(生態系と、原始人社会の再現)のさらなる追究へと邁進するのだ!

錯誤は

能力の多寡から来るのではない。瞬時に自分を企てるに純粋であるかだ。しかし超神は不純をも赦す。それだらから億年の長きに渉って善悪、不純・純、を共存させて来たのだ。つまりこの星で美は対立の全体も祝福して来た。しかし此処で漸くこの星の神に甚く純粋が仕向けられ、彼等に頭も下げ、彼等のように反抗者でもあることだろう!

2007年9月10日 (月)

坂本 は、

随分と世のため人のためにしたが、流石に 九 次元大霊(イエスや釈迦)ではないだろう。 相手にキチンとしてあげるには、最低限の精神緊張が必要だ。純粋の精神労働(例えば、単純計算)にしたって。この星の働かせ神よ、一回魂を、世界を、全く楽して相手にキチンとして上げられるようにしてみてくれ。人間に皆楽ならばいいという願望が確かにある。 食わして貰わないと、食わないと、エッチし続けると、食わないと・食わせないと。そう人間以上の者に仕向けられている。逆らうには覚悟がいる。 だけどそれなら、収入に格差があってはねえ。同等精勤・同一日当。国際自由共産主義。先進・途上、凡そ十倍の格差を縮めよ。 行く行く自民党も民主党もなく。 皆構わないと思えば、皆善人のようにして笑い合える。財政赤字は?他国人の犠牲は? 一国の心が悪くなったから起こった震災を、心が悪いから迷惑な自然災害として受け流す。神の心をさらに深く傷つける。 人格程度や能力の高い者が偉いと言う人間品物観が行き渡ってしまっている。寧ろ福祉の(心の傷害も含めた、その方がより大変な障害と考えられる)の必要になる方の方がそれだけ人生が大変で偉いということになるのだから。    

生まれつき性格が歪んだ人間は、

生まれ変わりにあるこの世界の長年の彼の自己責任ということではない。寧ろ周囲のまだ普通の人間達のその人間への長年の精神的な意味の福祉の責任が問われているのだ。周囲はそういう人間がそこに現に生まれて来ているその理由で持って、その人間への福祉のためにそれぞれ一生を捧げる位でちょうどいい。それだからこれからは逆に生まれつき明るく元気で周囲に好感を持たれて自然にリーダーとなって行ける者が、反って自分をチヤホヤしてくれているより、あの嫌われ者=反リーダーを皆で思いに行こうと皆に呼びかける(その結果自分も同じように皆に嫌われる危険を引き受ける)いうことであって欲しい。

2007年9月 9日 (日)

思いつき

 自身がもっと上の神霊に諂っているというように、反抗者=魔の勢力に魂を見られている星の主神ではだめだ。また同じく、主神と魔の勢力の対峙しているその側のオマケのような天上の勢力ではだめだ。彼等を遠ざけたい気持ちはよく分るが・・・。 普通でない人への気遣いが優先の人格作り。 価値観が違うから、中々心を開いての交流が難しい。 テレビの視聴の動向が、一般の消費動向も窺わせるだろう。 相手の愛に厳しい自分への適合性を要求する奴もいるのだ。 子供の時から社会現実から目を塞がせないようにしよう。その現実の酷さを子供に謝りながら。    

交接。

 地上一切生命の交接は、大日(太陽光を受継する)神霊と地球神霊の交接を真似ぶことだろう。さらに超神と(自己分割した)非存在との交接(神霊をも生み出す)をも。原理超神一体に帰る儀式として。例えば、ゴサッタドンを実現して。

頭が下がらぬ神と、

悪魔。頭が下がらぬ帝国と、北朝鮮・アルカーイダ。 頭が下がらぬエリートと、ヤクザ。 頭が下がらぬ男と、女上位・オカマ上位、頭が下がらぬ親と、息子・娘上位、・・・。我が神に限っては・・・。

滅び行く者。

 有限者=人間という、無限者=神から自己が滅んでしまった者を、深く憐れみ頭を下げる神=超神では、神が無かったので、御返しに人間の中に、隣なる弱者をそのまま弱者でいるなら滅び行けと突き放す超人が現れた。そして弱小国を突き放す帝国も。世界は鏡だ。 ハ教授、貴方は現存在は即、共存在であると措いているが、現代日本では、能力・スキルの同等が社員室での辛うじての共存在の条件であるように、一人一人が孤立存在化している、寧ろ、現存在は共存在・孤立存在を交替させる、弁証法的存在態、と言うべきであろう。無論、コミュニティでは、個性の内容を問わない共存在が実現される。 神に諸々改善して貰いつつ神と付き合って行く。 親子対等、神人間対等、最終的には形式的対等=神の廃業、すら要求されてしまう筈だ。 あるもの否定態を見て、あるもの自体を否定してはならない。 単なる上位者より、彼より下位でもより下位なる者に奉仕する者の方が価値が上なのだ。奉仕し応える者達は、上下の世界を超えてしまうのだから。 文学者という現象、小林が三島が自分と気質が全く違うと言ったり、三島が太宰を一番嫌いと言ったり、それら言説の一切の仮象、を論証するのが究極の文芸批評というものであろう!

地鎮め。

 特にこの季節の花々が皆、神にとりなしている、あれらも必ず私達のような花々、魂の愛の花々になれますと!

ナノテク。

 技術者の皆様は、原子一つ一つに手を合わせて下さいますように。そして何時か私達の美しい心で、全生物の遺伝子が、原子から合成出来ますように(新エデンの園計画という、神の本来の世界計画。)。 πやeという有名無限小数の全容が神において既知である筈という宗教的真理が神の計算能の無限を帰結させる。そして、人間の能力の何時しかに神の能力への到達可能という一方の宗教的真理が、信じて他を愛する人間の何時しかの一切の能力の無限発達を約束する。 因みに神も私も、ロボットすら搾取したいとは思っていない!  

思いつき

 人間の引け目ガ苦しいのは、本当は誰もが誰にも負けない者だったからだ。今は違うから苦しい。そしてより苦しい者が、そうでない者の務めを先に悟ってしまうのだ。例えばある都市のヤクザがその都市の市長の。 魂の傾向性や能力は生まれつきのものだ。それに従い、自己規律や他を助けるその人の自己責任(助けて貰う人には権利)が生ずる。総じてそれを隣人愛の責任と言ってもよい。責任はしかし、諸般の事情をよく斟酌して問われる。 よく愛してあげると、相手はこちらと対等を実現したくて愛を返したくなるものなのだ。根源の相互の高貴一体性からの力動が働く。 実存の悲劇性がそのまま本来超神性だ。 ハ教授の現存在=人間、概念は肝心要の当代のヒトラー・ナチスを覆いえていない。講壇哲学として、哲学自体が倫理的でなかった故の不全だ。だからこの時代の、この日本でも、自然絶対精神が側近く発動されているのに哲学講壇は上の空で・・・。因みに同じく仏教なんてものも・・・。 駆け出しの神は権威道を生きて間違った。超神ならば即、被造物への懺悔道を生きてかようには間違わなかったのだ!  

神を信じて

枯れない社長達が日本を、東洋を、世界を立て直す。人生最後の務めを果たそうとする社長達が。

2007年9月 8日 (土)

思いつき

 宇都宮と日本の関係は、宇都宮の信者と彼等の職場の関係である。早く職場の直下にもと・・・。 この地球の自然に遍満し、同時にあの世霊界にいまします神霊。自然絶対精神にして歴史絶対精神。然るに転落天使達を殆ど反絶対精神にまで発達させてしまったのだ。絶対精神でも、自分をよく省みて、謙虚な者で無かったので。 物体は絶対精神=神が相対精神=人間の自己回復の便の他への与楽の抵抗者として造った。 誰もが本来は超神にして、現実には不具者となっている。そしてそれぞれ魂の一切の酸いも甘いも噛み分けて、本来に回復出来るだろう! 

神コンプレックスありません。

 基本、この星の現状にしても、彼の根本責任だと思うから。また一人一人が判定するんだよねえきっと、彼の自分への扱いを。また彼は彼等に魂の純粋ということでは劣っているだろう。彼等は、どんどんもっと上の神を呼んで来い!とも言っている!!

地球ってどんな星?

神様がファシスト、魂の屑?の恐ろしい星、星丸ごとの人民戦線が魔の勢力と言い習わされている?(しかし、魂の屑とは幾らなんでも言い過ぎでしたかねえ・・・。神も自分の働かせファシズムを一定謝ってくれるだろうから、反抗的になっている人民もそれを支える魔の勢力も恩赦で応え、神の天変地異による弾圧の悲劇を免れよう)。

不具者は

普通者が同じ不具になって自分と同じ苦労をしてくれるにないなら、普通者が自分のためにしてくれたなんて思わない。普通者がそんなことまで出来ないというなら、不具者にそのことを深く謝っておこう。その態度が無い態度の悪い普通者皆にそれを良く分らせてやろうと誰しも同じ不具者にしてやるとその不具者が決意してその努力を始めないように。善行の不具者が、善行の普通者、超普通者に対して長くそれを続けて来てしまっているこの星で!

傍観臆病副神(副仏)にしか

教育出来なかったこの星の主神(主仏)は、(あの世の魔の勢力が仕掛けて全体的に心を悪くした)日本人に対してあれだけのことをし、此れからもそれだけのことをする積もりでおられるなら、先ず此処に明々白々に現れた自分の、この星の神でない者達に対する教育能力の低さを素直に認め、深く反省して魂として筋を通して下さいますよう、此処に心から御願い申し上げます。日教組が暴れている学校の、自分は文部省や教育委員会にぺこぺこしているばかりの校長や、教頭以下、のような、(つまりもっと上位の宇宙神霊にぺこぺこしているばかりの)主神、副神以下、では最早しょうがないであろう!!

2007年9月 7日 (金)

地cube。

 この星の神よ、我々被造物一般はそれぞれ例えば、貴方に、地球、ならぬ、地cube、を正当に要求する権利のある自由な者であります。ついては、長くこの星の被造物一般の存在論的権利を侵害して来た自分をこの星の被造物一般に深く謝って下さるよう、此処にこの星の被造物一般を代表して心から御願い申し上げます。

ネット棄民。

 最早私も抜き差しならないネット市民の側の者を代表して、世界の多数のネット棄民の皆様の、目明きには想像を絶する、決して真似の出来ない盲者の人生のような、ネット無縁の崇高な人生に合掌させて頂き、さらに可及的にネット棄民解消の一助とならせて頂きます。

テレビの自然のアルバムは、

テレビだから茶の間で楽をして楽しめる(私は此の頃、直接自然へと出向く気力は失せている)。自然だけが美しいのではないのだ(テレビ局の労働者も、テレビの機械を作る労働者も)。古来なんでも、人間に快を与える物は、誰か他の人間と自然との合作だった。つまりそこに自然、人間社会を通底する共産主義があったのだ。ところが此処ずっと、、自然や、他の労働者を虚仮にする人間達も増えたので・・・。特に最初のテレビの話では、テレビのための諸々の機械を作る労働者が虚仮にされていることは間違いない。テレビに映された自然は、それが映された帝国の茶の間に大不興を催し(他を犠牲にしているので)、帝国直下の自然(それは敢えて人間のための必要な限度の犠牲を甘受している、無論彼も既に帝国の現状に大不興を催している)にコイツ等を何とかしてくれと通信を送っているかも知れないのだ!

2007年9月 6日 (木)

アメリカ人達、ポップコーン達!

 現代アメリカン・ムービーの共通感覚。しかしポップコーンはそれを造るのに手を掛けた人に返せ。君達ポップコーンもその自由意志で、君達の生活を造るのに手を掛けた者達皆に労働者として何物かを提供して返れ、つまり御互いに対して、だ。そして君達をポップコーン達、自分と同じ淋しい者達、にしてその自分の淋しさを免れようとした、あの世の魔の勢力、ルシファー達をも引き連れて。そして新しいムービー感覚も実現して!

不正。

 神の不正、大臣の不正、社長の不正、教師の不正、親の不正、・・・誰も正しさについてこの星ではガタガタ言うことは出来ない。 神の不正とは、吸い込んだ空気の分子を優雅に踊らせる、息遣いの芸術、をしたい者も多かろうに、むしろ漁師のように逞しく文化をと、仕向けているらしいから。小林多喜二もヴァィオリン弾きから、コミュニストに転向した。しかし彼等のように、徹底反抗なんてこともネエ・・・。 シュープリーム、私達の自由において。 他者のそれぞれに一椀のメシを返して貰えるまで、飢えて骨皮のままでいる芸術家の気概も少しは、懐かしんでみよう。

超神が

一切の貴方に、貴方がそのような貴方だから、このまま世界が終わる位に愛していると言っている。私達皆の秘奥の者が・・・。それだから家計簿を赤字ダラケにしたその昔の詩人のように、世界に美を、世界に美を、と詩って終わろう!

2007年9月 5日 (水)

別れ際に マイアミへ行くと聞いた

 マ、という石の只中で、私は一切のマイアミの時間と共にいる!

,I will lay me down !

オメエ等が財政赤字分働けよ、という

一億日本国民の主張を、民族の神、東洋の神、地球の神が受容れることはないであろう!

男は女に魅かれて、

画家は対象に魅かれて。 兄貴は俺ばかり可愛い子でばかりいられない、と言ってくれた。 物体はこの地上で人にいい思いさせる時の抵抗をもたらし、魂の愛を開発する。

先進国は、

この星の霊地獄界=この地上の現在の帝国主義、残存スターリニズムの霊界的支え、を鋭意覆滅せんとするこの星の主神および霊天上界に支えられて、現在この地上に、3自由共産共栄世界を実現せよ!

2007年9月 4日 (火)

永田町の国会議員の皆様は、

直下の神霊の沸騰するような熱き思いをよく感じ取り、そして自らも悔い改め、国民にも悔い改め(自主的な帝国主義解消、財政赤字解消、不健全な消費解消、等)を促して下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。

万象に感謝。

物質粒子は本来、神霊である。山や川は本来、神霊である。生物は本来、神霊である。人間は本来、神霊である。道具は本来、神霊である。天使は本来、神霊である。あの世の諸霊魂は本来、神霊である。そして、現にそれらを超えた神霊なる者の下での、愛し合う者の大調和が願われていた。然るにその神霊が被造物一般に頭が下がる超神霊ではなかったので、被造物の中に神霊に超神霊を求めつつ、同時に、自己の本来の超神性表しての、反抗者=悪魔連が現れ出た。こうして今や、一切霊魂は、一切実存は、互いを本来超神として互いに感謝し、手を合わせて拝み、新たに深く愛し合うべきなのである!

思いつき

 気が弱い奴への周囲の応対が悪いと、先ず、絶対強くなんかならないと頑なになる。 女は自然には男に嘗められる。女っぽい男も嘗められる。無理して男気、である男なら本人はそれが悔しいだろうが、やはりリーダーには相応しくない。 理想を模範として示すだけでは、人は人をその理想へと高めることは出来ない。管理者臭い管理者は、反って良く管理できない。たとえ星の神でも。  

悪い権力者様は

本来、超神様です。ホームレス様も本来、超神様です。それらを碌にどうもしてやれない副神様も、それでも本来、超神様です。そんな中で、色々苦しまされている御前様も本来、超神様です。同じようにその中間の全ての神でない者様も本来、超神様です。そしてかく言う私も、本来、超神で早くそうあるべく努力くしています、と此れまでの行状を甚く反省し、態度悔い改めたこの星の主神!!!!

2007年9月 3日 (月)

愛の油田、

胸の底に誰しもの埋蔵量無限を確認した。 汚れるしかない自分のような者を気遣ってくれている貴方を本当は捜していた。 魂は、謙虚、謙虚、謙虚、・・・、ホーホケンキョ、と鳴くケンキョウグイスみたいに。世の数多のチャンピオンが。 生まれたて、新鮮な天啓をこれからもどうぞ。 場合によっては、宗教暴力介入。 神の子の男の子らしさ、女の子らしさ。 個人と集団の関係の障害のようなものもある。 この星では神でない者が、神も知らない感情を持った。 一部人間が他を犠牲にしてこの世の天国を作った。日本は自分達が自分達のために主にサービス軽労働をやり、他のアジア人に自分達のための製造品製造の重労働をやらせつつある。その他先進国も似たようなものだ。その犠牲感覚を努力して実感することはいいことだ。しかし、そう犠牲にして天国なら、そもそも誰が悪いんだ?こうしてこの星の神の真実を、皆本来超神ならば直視せねばならない。

鏡。

 この星の神でない者の悪行は、神でない者に長く頭が下がっていなかったこの星の神の(それが神の最優先の善行だから)鏡だ!

超神は存在へのエロティシズムを

日々労働に昇華し、或いは現実に満たす、究極の宗教的性欲者だ、存在への慕情者だ。 自分と、他者の総体は何時も相互干渉している。 ヤクザという人間の欠性態が、人間皆の本質的意味連関を掴ませる。上は下への奉仕者であるべきなのだ。だからそれを怠った市長は厳しい報いを受けた。 超神が、神霊の理性も、感情も創った。 これからは哲学の哲学、メタ哲学も必要だろう!  

2007年9月 2日 (日)

国家・市民社会・家族。

 国家は寧ろ出来るだけ法によらず、教導により市民社会=企業社会への自主的な共産主義的営みを促し、大家族の市民社会、大家族の国家を実現せよ!

現代、超人をやっている者達に。

 阪神大震災を、地に潜んでいる主神霊が、心悪い日本を撃ったと一部人間に言って回っていた自称、下生せるこの星の副神が、その日本の現状を恐れて日本の宇都宮市に引っ込んで暮らしている。色々な検討の結果、この時代この星の惨状に対応した本物の副神らしい。私はそう認識して以来、超人ならぬ超神をやっている!

思いつき

 思いやりのない神は時に凶器だ。だからそれを鏡に見せられる。 本来超神の我々はは何時だって一旦、信仰契約をした神を自由契約に出来る。 生まれつき失っている物の多い人のへ周囲の務めが・・・。 頭空っぽと頭充実を此れからは一体化してみよう。 生まれつき性質の悪い奴に、寧ろそうでない自分の方が済まないと思って好感を持ってやると性質が少しずつ改善される。 教えにくい人にしかしより必要だから教える。 気遣われ、気遣う者として。 人間が仲良く笑って働いてくれると満足する神なんだ。 そこで自由は神の共産ファシズムの許容する範囲内でしか考えられない。 まだまだ色んな世直しが必要で、だから宗教が商売になる時代ではないんだ。 ハ教授は、現存在=人間が子供から生育されることを無視している。また道具がそれ自体、製造されることも。また、道具の秘められた意識のことも。 物事を押し付けないで、相手に主体性を確立させ、その主体性を説得すること。 優等生の皆様は、どうか不良をいつも気遣うもであって、この世界に早く、超神一体=絶対高貴一体を実現しよう。  

楽園伝説。

 エデン以前にルシファー等が転落、悪魔化していた。エデンの創始という、神の新生態系ー新歴史社会の創始。楽園の管理のような軽い労働だけで、食物は自然に恵まれるも同然だった。蛇=生まれつきの嫌われ者は、アダムとイヴその他の深い愛の開発のための方便の存在だった。その蛇に地獄の悪魔が憑いて、アダムとイヴを堕落させた。そこで、その罪滅ぼしを兼て、人間の成長のための食糧生産労働の時代(本来神が、神のような労働者にするために予定していた)が早めにも持ち来たらされたのである。然るにこの時代、人類の一部が科学技術を駆使して自分たちだけの楽園回復のようなこと(無論、あの世の悪魔達が仕向けているのだ)に至った。此れがつまり帝国主義ということで、神の許すところではないのである。然るに私が今、神がもっと、神でない者達=天使、人間、に低姿勢で寛容であれかし、と求めているところなのである。

2007年9月 1日 (土)

今はあなたしか愛せない。

一度の人生で億年、そうなってしまった・・・。そこで私のこの一度の人生を、捧げ尽くします。神も最早この際、彼との、彼等との、愛し合う者達の戒めに捉われない、多数Pプレイ、乱交パーティ位にまで皆を誘う気らしいぞ!!

力を合わせる。

 もし、日本国民が一人一人が仲が悪くて、生産をそれぞれ自給自足することにしたら、総計のGDPはどうなってしまうだろうか?霊的救済だって同じことだ。然るべき私と連携を拒絶した彼の、この時代そのまま、アンハッピィに生きて終わった、或いは生きて終わるだろう者達への責任が重いと言わねばならないだろう。無論、彼を説得出来なかった私の責任も重いが。喧嘩している親も教師も子供の教育の資格はないのだから。

美憲その他、

この星の神がアンタ等を当たり前にさせたがってゴメン!今この地上のこの日本で生きている副神は強気なアンタ等を怖がって、某地方都市に引っ込んで様子を窺っている。森田も、人に無理無理はヨクナイゼ!

急病人(世界の現状)を前にして、

どちらが能力があるか競おうという医師のような副神だった。私は手を取り合うのが当たり前だと言った。それでこの際この時代、、急病のままに命をなくし、或いは堕ちるところに堕ちてしまった多くの人達に、彼及び、彼をそのようにしてしまったこの星の主神に成り代わり、心から深く御詫び申し上げます。ついては多くの本当に優先的にハッピーにして貰いたい人達をアンハッピーにしてしまった副神は、この先の、人にハッピーを説く自分の資格の有無を、教団が自慢している反省能力でよく自己反省して下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げる次第です。

公園の放火少年よ、

日本国民よ、魂は自分より内容劣った魂をを馬鹿にしてはいけない。それだから今現在の他のアジア人を馬鹿にしてはいけない。財政赤字を自主的に解消しないで、子孫を馬鹿にしていてはいけない(何時か誰かが払うしかないだろう)。悪は殆どが、他に馬鹿にされたことが素で、実現されてしまう。それだからこの星の神、この星の神も、馬鹿にして反抗された者に頭を下げて、これからこの星の、この星の、出直しを、出直しを始めよう!

魂を、やっているなら

愛し合える、何時かは愛し合えるだろう!

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »