2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 美と共産主義。 | トップページ | 刻々、 »

2007年6月20日 (水)

自分達の不具を憐れんで

頭を下げてくれる神では少しもなかったんだと、それでこんなにも長く魂の臍が曲がってしまったんだと。魂はこうして無際限に自由だ。神でない者一人を、馬鹿にしないために、馬鹿にさせないために、神が神でない者全員に頭を下げる必要があったのだ、この星の神は速やかに悔い改めよ!

« 美と共産主義。 | トップページ | 刻々、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分達の不具を憐れんで:

« 美と共産主義。 | トップページ | 刻々、 »