2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 討ち入り。 | トップページ | 神と一体の我々が、 »

2007年6月11日 (月)

思いつき

この時代、宗教家にして政治活動を優先する。この根本神仏天があの通り(震災)なので。 それが避けられない流れだと言う、業種の違いの壁ももうない企業買収劇も改善点なのだ。そのような企業に公共心が想定出来るのか?投資の融通無碍なるが、必ずしも全体の発展に繋がるとは限らないと思う。 民族の在り様の理想と現実。 本来超神と認識して、現に存在する神への繋縛から解放される。 他者意識を代替意識出来る自己に、そして自己意識を代替意識出来る他者に、だ。 政治家は労働負担を公平に、公正にするのが第一の務めだ。それがされなければ、労働者の方の怠業も正当化されてしまうだろう。 一切の芸術家=表現者は、表現者であることにより、美へと仕向けられている。そして美とは畢竟、経済社会のコミュニズムへの祈りであろう。一切の花達の心を満足させる。よってこの時代一切の芸術家は神を信じつつ、あのドストエフスキーのように、弁証法的に芸術家であることを返上して革命家であるべきだろう!!

« 討ち入り。 | トップページ | 神と一体の我々が、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/15400397

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき:

« 討ち入り。 | トップページ | 神と一体の我々が、 »