2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2020年1月18日 (土)

それぞれ任意割の超神として、

此の星のこれまでの副神隆法等傍観の下、10割超神でなくやはりある割の超神に過ぎない此の星の主神による、当国への三度目の大震災が予想される折り、殺された、高級官僚の引きこもり息子初め、極、低割の超神(もっともこの人、気は弱いがきっと頭は良かったんだろう)のことを気遣って置こう、遠い昔の、約、の履行として、或いは、時空を超えた、約、の履行、として!

法規違反横行等の当国に、

仕切神らしく、今年当たり戦後三度目の大震災予定の此の星の神よ、そんな状況下の弱者(高級官僚と殺し合いになった息子のような)にこれ以上その心に恨みを蓄積させぬようこの先御願いして置きます、そんな状況を状況と判断出来ぬ、隆法やヒマラヤ聖者(そしてきっとそんな弱者の前にそにまま自分が立ったら、その気丈が災いしてそれだけで相手を圧迫し苦しめることすらにも気づけぬ)にもそれを申し上げて置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2020年1月17日 (金)

ヒマラヤの聖者には、

、貴方との比較においては一凡人に過ぎぬだろうが、同時に諸々の此の星の事態の見聞によって、本来は誰しも超聖なると悟りし自分として、その他市井の、凡人でも自分等凡人、以下の者達に寧ろ気が向く者達、その凡人以下の者達の、人間のの本臭さや修行臭さへの強烈な拒絶反応(これまで此の星の人間界をその理由で持って、時空を超えるまでに逆発達させて来たと覚しき)の程を、告げ知らせて置きます。それにマニ教の認識によれば、インドの多数俗人達の半数はサドウ(出家修行者)を敬ってなどいない筈であろう!

キリスト教、イスラム教の

創世記の、歴史事実と違う誤伝承に呪縛されての、西洋人(一部ギリシャ宗教系を除く)・中東人の怠け者を、此の星の神の望む、東洋人のような働き者、に改めよ、同時に、戦後は米国かぶれの日本人、韓国人も、レジャーだ、バカンスだじゃないんだってば!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2020年1月16日 (木)

駆け込み信仰により、

今年予想される、首都直下大地震、による堕地獄責苦を免れたい方は、今生活している場で、昔の実直百姓共産労働、それに準じる労働、それを励ます文化労働、による世の覆い、へと向けての世の直しをと、お勧めして置きます!

夜勤に夜勤を飛行機で

継いで、飲まず食わずで、心に太陽を浮かべて、修行してみなさい、その内体が本当に発火して、現の太陽の有り難さが心に沁みてくるのかも知れない。 何もヒマラヤに行かなくても、世界の山岳は皆、ヒマラヤ兄弟、当県の、御嶽でも、浅間山でも、槍ヶ岳でも、同じような修行、が出来るであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2020年1月15日 (水)

欠性態。

 ハイデガー教授、労働の欠性態の階級が、我々の世界構造により労働に繋がれている実態を露にした。一方その労働意欲という、人間価値の欠性態の不良が、特具有態の選良の価値エゴイストたる実態を露にした。こうしてそれ故の、不良から選良、とその向こうの神、へ向けての生涯懸けての不満返しての労働拒否反抗は限度を超えて、不可避的な、自然鉄槌の反復、となってしまっているのである!

«働かざる者食うべからず。